不動産投資の相談で効率よくやろう│将来reluxしながら過ごせる

分散投資を心掛ける

グラフ

資産別のポートフォリオ

日本では将来の年金があてにならない時代となり、自らで老後の資産を用意しておく必要性が高まっています。老後の資産を用意するためには、早い段階から資産運用を行っていくことが重要となってきます。しかし、資産運用の初心者では、どの金融商品へ投資を行ったら良いのか判断が付かないことが起こってきます。資産運用の初心者の場合には、まず資産クラス別の投資割合を決めてしまうことから始めると良いと考えます。全体資産の中で株式を4割、債券を4割、不動産を1割、商品を1割というように大まかな割合を決めていきます。その後に株式を対象とした投資信託を選び、債券を対象とした投資信託を選ぶといった運びでポートフォリオを組んでいくと、初心者でも安定感のある資産運用ができるようになってきます。

分散投資のススメ

資産運用の初心者は金融商品選びとしては、分散投資が可能になるインデックス型を中心に選んでいくと良いです。株式においては代表的な株価指数に連動する投資信託を選ぶと多くの銘柄への投資が可能となり、リスクを分散することができるようになります。また、大企業を中心としたインデックス投資信託のほかに、新興企業を中心といたインデックス投資信託も同時に購入したいところです。また、国内向けの金融商品だけでなく、海外向けの金融商品も購入するとポートフォリオに厚みが出てきます。海外向けの金融商品としては、先進国へ投資をするタイプのほかに新興国へ投資をするタイプも投資をしておきたいです。この結果として、世界分散投資の資産運用ができるようになります。

Copyright© 2017 不動産投資の相談で効率よくやろう│将来reluxしながら過ごせる All Rights Reserved.